温湿度センサを操作する

温湿度センサ

空間の温度・湿度・照度を計測するセンサーを使用し、以下のことができます。

 

熱中症危険通知

カスタムシーン

温度・湿度・照度の推移グラフの表示

 

1. 熱中症危険通知

温湿度が熱中症の危険がある値になったときに通知します。

1)「設定」をタップします

 

2)「アプリ設定」の「通知」をタップします

3)「熱中症危険通知」をタップします

 

4)「この通知を有効」をオンにします

 

5)「通知する条件」を選択します
自分が不在の時に在宅中のファミリーに対する危険を通知したい場合には
「条件なし」を選択します

6)「通知する熱中症危険レベル」を選択します

 

7)「通知対象とするセンサ」をオンにします

 

8)「OK」をタップして設定完了です

 

2. カスタムシーン

温湿度センサーを、さまざまなシーンのきっかけとして使用できます。

 

1)画面下の『シーン』のタブをタップします

 

2)真ん中の「さらに見る」をタップします

 

3)「自分用のシーン(ファミリー用のシーン)」をタップします

 

4)「カスタム」を選択し、「次へ」をタップします

 

5)新しいシーンを作ります。「ボタンをタップしたら」横の「変更」をタップします

 

6)温湿度センサーの条件一覧から設定したい項目を選んでタップし、「変更」を押します
     ※温度・湿度・照度は数値を設定することができます

 

7)「選択してください」をタップし、「温湿度センサー」を選択します
        自動で画面が戻り、「温湿度センサー」の文字に変わります

 

8)きっかけにしたい数値を設定します。+-をタップすると数値が上下します

9)指定する曜日や、誰かが外出中(在宅中)に実行させたい条件がある時は
    「条件を設定する」をタップし設定します

 

10)すべての設定が済んだら、「次へ」をタップします

 

11)操作したい機器と操作内容の設定に移ります。「+」のボタンをタップします

 

12)操作したい機器をひとつずつ選択し、操作内容を設定します

 

13)「+」のボタンで操作したい機器を追加できます
         機器と操作内容をすべて設定したら、「次へ」をタップします

 

14)アイコンの画像を変えたいときは「シーンの画像を変更」タップします
      「シーンの名前」は矢印をタップすると入力モードになり、入力ができます

 

15)「完了」をタップして設定完了です

 

その他にも『湿度が50%以上になったら除湿器をON』『照度が40lx以下になったら照明をON』『温度が20度以下になったら床暖房をON』など、センサーと連動して機器を操作することができます。

熱中症危険通知と併せて『温湿度が熱中症警戒レベル(または厳重警戒レベル)になったらエアコンをON』のシーンを作成しておくと、通知とともに空間の温度管理をすることも可能になります。

温度・湿度・照度の推移グラフの表示方法と内容については、
1-13-6「温湿度センサーのグラフを表示する」[a]をご参照ください

[a]リンクを作成