スマートスピーカーがうまく作動しない・聞き間違える(浴室機器)

浴室機器をスマートスピーカーでうまく操作できない場合、下記の原因が考えられます。

      ①浴室機器の名称をうまく聞き取れていない

      ②スマートスピーカーが理解できるような文章構成になっていない

 

 

①浴室機器の名称

    浴室機器の名称を、スマートスピーカーが聞き取りやすい設定することで、操作できる場合があります。

    下記の点に注意して、名称を付けてください。

    ・短く簡易なものにしてください。(「給湯器・おそうじ浴槽」 ⇒ 「給湯器」など)

    ・漢字とひらがなを変更するとうまくいくことがあります。(「おふろ」 ⇒ 「お風呂」など)

    ・近い発音がある単語は避けてください。(「入浴」 ⇒ 「お風呂」など)
    ※スマートスピーカーが「入浴」を「ニューヨーク」や「入力」と間違えることがあります

    ・違う機器に同じ名称を付けることは避けてください。(「1階浴室暖房」「2階浴室暖房」など)

    ・「の」「で」「を」などの文字を入れることは避けてください。(「浴室の暖房」 ⇒ 「浴室暖房」など)

    ・アルファベットや記号は避けてください。(「1F浴室暖房」 ⇒ 「1階浴室暖房」など)

 

    名称設定例)

    「瞬間式給湯器」「給湯器・おそうじ浴槽」「電気式温水器」 ⇒ 「給湯器」あるいは「お風呂」

    「換気乾燥暖房機」 ⇒ 「浴室暖房」

    「洗面室暖房機」 ⇒ 「洗面暖房」

    「入浴準備」(シーン名称) ⇒ 「浴槽準備」あるいは「お風呂準備」 

 

    ※機器名称やシーン一括操作名称を変更した場合、スマートスピーカーから再連携する必要があります。詳しくは下記ページをご参照ください。

   「機器名称」や「シーン一括操作名称」をアプリで編集登録すると、音声操作ができなくなった

 

 

②文章構成

    浴室機器を操作する場合、スマートスピーカーに話しかける言葉は、一定の規則にのっとった文章構成にする必要があります。

    下記の点に注意して、スマートスピーカーに話しかけてください。

   ・瞬間式給湯器は、「《浴室機器の名称》の【運転モード名】をオン/オフにして」という形が基本の文章です。
     例)「《お風呂》の【ふろ自動】をオンにして」

   ・換気乾燥暖房機や洗面室暖房機は、「《浴室機器の名称》を【運転モード名】に設定して」という形が基本の文章です。
     例)「《浴室暖房》を【暖房】に設定して」

     ※【運転モード名】の名称変更はできません。

 

詳しくは下記ページをご参照ください。

    スマートスピーカーの操作