天気の状況をトリガー(きっかけ)にした機器操作

~IFTTTアプリでの設定~

【天気の状況をトリガー(きっかけ)にした機器操作】
(例)自宅付近で風速が約20m/sを超えたらシャッターを閉める

1 IFTTTアプリを開く
※インストールしていない方は『Play ストア』『App Store』よりインストールしてください。また、IFTTTとLife Assistアプリの連携はこちらをご覧ください。

mceclip3.png

2 『Get more』をタップ

mceclip2.png

3 『Make more Applets from scratch.』をタップ

mceclip4.png

4 『⊞This』をタップ

mceclip5.png

5 『🔍 Search services』の欄に、『wea』と入力し、『Weather Underground』をタップ

mceclip6.png

6 様々あるトリガー(きっけか)の中から下にスクロールし、風速を表す『Wind speed rises above』をタップ※ トリガー(きかっけ)となる条件は天気や温湿度、日没、日の出の状況など様々あります。

mceclip7.png

7
①『Speed』の欄に設定する風速を数字のみ入力し、『Units』の欄に『Kilometers Per Hour』を選択。
    『Directsion』の欄には風向きを入力しますが、全方位で適応する場合は”どれか”を表す『Any』を選択。
      ※風速の単位はKm/hになります(風速20m/s=72m/h)
②『Location』の欄に自宅の住所を入力し、自宅周辺の地図表示後、指で最大まで拡大し、右上の『Save』をタップ。
③『Create trigger』をタップ

mceclip8.png

8 『⊞That』をタップ

mceclip9.png

9 『🔍 Search services』に「int」と記入し、『intelligent HOME』をタップ

mceclip10.png

10 下の方へスクロースし、『ECHONET Lite機器を操作する(Send ECHONET Lite commands)をタップ

mceclip11.png

11
①『操作する家電を選択』の欄から、操作する家電と操作状態を選択
 ※1 最大5つまで設定可能です。6台目以降の機器も動かす場合は、同じルールを複数作成してください
②全ての設定が完了したら、『Create trigger』をタップ

mceclip12.png

12 『Finish』をタップ

mceclip13.png

13 左上の『 × 』をタップして終了

mceclip14.png