位置情報をトリガー(きっかけ)にした機器操作

~IFTTTアプリでの設定~

【位置情報をトリガー(きっかけ)にした機器操作】
(例)帰宅時に最寄の駅に着いたら、リビングのエアコンと照明をつける
  ※ 「Location」を使用したアプレットの作成には、位置情報を利用するスマートフォンへの
  IFTTTアプリのインストールが必須となります。
  また、スマートフォンであらかじめIFTTTアカウントにログインしておく必要があります。

1 スマートフォンの設定よりIFTTTアプリの位置情報を「常に許可」に変更する

mceclip0.png

2 IFTTTアプリを開く
※インストールしていない方は『Play ストア』『App Store』よりインストールしてください。また、IFTTTとLife Assistアプリの連携はこちらをご覧ください。

mceclip1.png

3 『Get more』をタップ

mceclip2.png

4 『Make more Applets from scratch.』をタップ

mceclip3.png

5 『⊞This』をタップ

mceclip4.png

6 『🔍 Search services』の欄に、『loc』と入力し、『Location』をタップ

mceclip5.png

7『You enter an area』をタップ
  ※ 『You enter an area』 は指定したエリアに入った場合に使います。
『You exit an area』は指定したエリアから出た場合に使います。
『You enter or exit an area』は指定したエリアを出入り両方適応する場合に使います。

mceclip6.png

8
①『Locate an area』の欄に設定したい住所や駅名を入力
②自動で地図が移動するので、画面右上の『Save』をタップ
※エリアの縮尺は指2本で拡大、縮小することで変更できます。
③『Create trigger』をタップ

mceclip7.png

9『⊞That』をタップ

mceclip8.png

10『🔍 Search services』に「int」と記入し、『intelligent HOME』をタップ

mceclip9.png

11下の方へスクロースし、『ECHONET Lite機器を操作する(Send ECHONET Lite commands)をタップ

mceclip10.png

12
①『操作する家電を選択』の欄から、操作する家電と操作状態を選択
※ 最大5つまで設定可能です。6台目以降の機器も動かす場合は、同じルールを複数作成してください
②全ての設定が完了したら、『Create trigger』をタップ

mceclip11.png

13『Finish』をタップ

mceclip12.png

14左上の『 × 』をタップして終了

mceclip13.png